食物アレルギーを知るにはどうすればいいのか・・・。

 

子供に食物アレルギーがあるかどうかを知りたいときは、近所の小児科やアレルギー専門医に相談してみましょう。詳細な問診、血液検査、皮膚テストなどを組み合わせて、アレルギー体質の有無、その強さ、食物が関係するかどうかなどがわかります。検査で疑わしい食物が見つかった場合は、ほんとうにその食物が原因かどうかを特定するために、さらに毎日の食事からアレルギーの原因であると思われる食物を完全に除去したあとに食べさせてみて、前後の症状の変化を見る試験もあります。この検査は、赤ちゃんを母乳で育ててる場合は、お母さん自身の食事からも一時的に原因と推定される食物を除去することがあります。

 

また、どの範囲までたべられるかがわかる試験や、アトピー性皮膚炎は予防の薬物療法もあります。アレルギーの原因となる食物の除去は主治医の指導のもとに行うのが基本になります。症状がよくなって落ち着けば、今度は原因食物を少量食べてみて、症状が出るかどうかを観察する試験を行います。これは、どの食材をどのくらいまで食べられるかを調べながら、食べられるものの幅(食域)を広げていく検査で、たとえば卵なら生卵では反応するけれども、よく加熱すれば大丈夫というように、耐性獲得の程度がわかるのが特徴的です。この試験はアレルギーの専門医がいる施設で行われています。

 

たとえ血液検査で陽性反応があったとしても、実際には食べて過敏症状が出なければ、もう除去する必要がなくなったことがわかります。ちなみに、食物アレルギーが原因で起こる諸症状を予防、軽減するための薬として経口用インタールという内服薬があります。外食や外泊などの、食事内容に不安があるときに予防薬の役目を果たしてくれます。また、複数の食物に反応して除去が難しいが場合に有効なこともあります。このほか、救急用の薬など、食事療法をサポートする薬があることも覚えておいて損はありません。

 

 

最近注目の特殊な食物アレルギー

食物アレルギーには、食べ物が原因で感作(アレルギーを起こす準備状態にすること)され、過敏な体質となっていてアレルギー反応が起こる通常のケースのほかに、特殊なものがあって、最近注目を集めています。そのひつが口腔アレルギー症候群(OAS)と呼ばれるものになります。これは吸入した花粉に対して感作が起こって、その花粉と共通の抗原をもつ果実類や野菜に対して過敏反応を起こすものになります。たとえば、花粉の吸引をきっかけに、りんご、キウイフルーツ、バナナなどを食べたときに、口唇が腫れたり口腔内の違和感、湿疹や皮膚のかゆみやぜんそく、ときには全身症状を起こすことだってあるのです。この場合も、原因となる果実類や野菜は特定できあすので、口にしてみて違和感を訴えるものは除去する必要があります。

 

また、ゴム手袋やゴム風船などに使われるラテックスに触れることでOASと同様に症状が現れることもあって、これを「ラテックスアレルギー」と呼びます。このアレルギーを持つ人は天然ゴムに触れないことはもちろん、ラテックスと共通部分のある果実類に注意する必要があります。バナナやアボカド、キウイフルーツ、栗、メロン、パパイヤ、マンゴーといったものが知られています。