そもそも【アトピー性皮膚炎】と【食物アレルギー】って何が違うの?

 

 

多くの人は、アトピー性皮膚炎=食物アレルギーという図式を描いていらっしゃるようです。しかし、アトピー性皮膚炎は見て目の皮膚症状からついた病名であって、皮膚バリアの異常から起こるものになります。その原因はさまざまあって、食物のアレルギーだけとは限りません。また、食物のアレルギーでよく、じんましんやアトピー性皮膚炎といった皮膚の症状が見られますが、このほかにも、せきやぜんそく、嘔吐、下痢をはじめ、全身にさまざまな症状を起こします。つまりは、じんましんやアトピー性皮膚炎は、食物のアレルギーでは皮膚症状のひとつに過ぎないのです。したがって、湿疹が出たというだけで食物のアレルギーを疑うのは性急です・・・。

 

湿疹がひどくても、何でも食べられる子もいます。逆にお肌がきれいでも食物制限の必要な子供も大勢いらっしゃいます。乳幼児期のアトピー性皮膚炎には食物が関与することが多いのは確かですが、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーを混合して考えたり、決めつけには注意が必要です。

 

 

アレルゲンとなりやすい食物について

では、どんな食物がアレルギー反応を起こしやすいのでしょうか。かつては卵や牛乳・乳製品が原因で起きるケースが圧倒的に目立っていたのですが、最近では小麦、大豆、肉類、甲殻類、魚介類、ナッツ類などが原因となるケースも多くて、さらに果物類にも反応するケースも増えてきています。また、単独の食物に反応するのではなくて、卵や牛乳も小麦もダメ!というように複数の食物に反応するケースも増えています。このように食物アレルギーといっても症状は多様になっていて、治るのが難しくなる傾向も見受けられます。

 

 

食事療法は低い年齢のうちから始めるほど治りやすい

とはいっても、乳児期から発症することが多い食物アレルギーは、正しい治療を行えば、成長するにつれて治っていくことがほとんどになります。また、低い年齢から治療を始めるほど治りやすい、という研究結果も発表さえています。この場合の治療の原点は、「原因となる食物を除去して、それ以外の食べ物で栄養分を補てんする」という食事療法になります。あわせて、ビフィズス菌などの善玉菌を増やすなど腸内環境を改善することも大切とされています。

 

ただ、思春期や成人してから食物アレルギーが発症することもあります。厚生労働省の報告によりますと、魚介類いnアレルギー反応を起こす人が、中学生以降になると増えていって、成人では、とくに甲殻類やナッツ類、果実類などに反応する人が増えるという結果が出ています。この場合でも症状は多様で、診断が難しく、原因となる食物を除去しても治るのが難しくて耐性を獲得しにくいことが知られています。